プロフィール

もんぶらん

Author:もんぶらん
引越しババア
「秋ね、私の心はもう冬だわ・・・」


コメントするかしないかはあなた次第
さああなたはどっち?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪だ・・・・辛いよ・・・・

うわ~

風邪だよ、風邪ひいちまったよ!

おれ鼻炎なんだけど鼻かんだら石油のにおいしたorz

鼻炎ふぁとさ~

ほんとに塾とかかったるいんだよな~

でさ、その塾の先生がねっ、問題なんだよねーこれ


先生「あれ~・・・・・もんぶらんちゃん風邪ひいちゃったの?」

おれ「は、はいいつもはこんなんじゃないんですけど・・・・・・」

先生「じゃあ、先生が優しく教えてあげるね・・・・・・」

おれ「うわぁ、せ、先生!」

先生「うん~ん  ちゅぷじゅっぷ♪」

おれ「お、おれそこ弱いんです・・・・・」

先生「あっ!もんぶらんちゃんの弱点みーつけた♪

    じゃあ先生が、もっと意地悪しちゃおうかな♪」




おれ「きゅぴ!」


まあこんな事になるわけないんですが、

まじで塾の先生の服装がエゴいんですよ

塾の先生は先のとうり女で

性格は天然エロ、外観は1~10で表すと9!

匂いは香水使ってないみたいだけどかなりいい匂い♪

どうですか!

この娘!

いまなら、200万ですよ!

いい買い物だと思いません?

(中国じゃこんなこと当たり前です!)

話を元に戻しますが、

その先生が顔のマジかでおしいえてくうると、

ホンとやばいんですよ!




おれ(うをおおおおおおおおおおお!顔が近い!)

(チラ・・・・・・ちらり!おれってまさか、チラ見の天才?!)

先生「えーと、この式にXを代入し・・・・

ちょっと、時計ばっか見てるんじゃないの!

もっと私の授業をちゃんと受けなさいよ!」

(まさに女王様ですね!)

おれ「す、すいまん○」

(へっ!おれは時計じゃなくてお前の顔を目視してるんだよ!

しかもこの距離だ!わずか20cmだぞ!

いいか!おまえのまん○がどうなるかはお前の行動次第だ!

いいか!お前はえろ層だからな、

次にふざけた真似したら俺の肉便器になってもらうぞっ!

どうやら、チラ見してることはばれてないようだな、

よしっ!作戦続行!)

先生「うーん・・・・・ここわからないな、

ちょっとテキストとって来るね!」

おれ「ため口だと付き合ってるみたいじゃんか、やめろよ!もう♪」

先生「ここかな~?

あれ!前はここにあったのに~!もうどこよっ!」

おれ「(ここはおれが一緒に探して・・・・・・

  脳内先生  ありがとう!お礼にいいことしてあげる♪

    おれ  い、いいことってなんですか?

  脳内先生 もう、わかってるんでしょう?エッチなことだよ♪
    
    おれ         ぐはっ!

その後いっしょにほてるへGO!完璧じゃないか・・・・・)」


いや~いいですね、脳内では何でも出来て・・・・・・

いいですねじゃねえよ!これからそれを本当にするんだ!

勃ち上がれもんぶらん!勃ち上がれ勇者もんぶらん!

先生が君を待っているよ・・・・

君の大好きな淫乱爆乳教師みたいになるかもよ・・・・・・

よっし!・・・・・・行こう!


おれ「あの、せ先生!」

先生「あれっ?どうしたの?急に勃ったらだめじゃない!」

おれ「教科書みつからなんでそ?」

先生「あっ、それで来てくれたんだ・・・・・・」

もじもじもじ

先生「ふふっ!やさしいね・・・・・・ありがとう」

おれ「か、かあいいよ ハアハア!」


先生が近ずいてくる、なんだろ・・・・・・


先生「後でごほうび上げる」


うをおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

きたあああああああああああああああああ!

俺の待ってた展開ですよ!


おれ「えっ!」

先生「ほらっ!授業つずけるよ♪」

おれ「(わかったぜ!)」


その後おれは授業に集中できなかった、

頭の中はどんなスタイルでいこうかとか、

やってる途中にかけてやる言葉とか、

そんなことばっか考えていた・・・・・・


そして、塾が終わり、ついにそのときはやって来た・・・・


先生「ちょっと時間かかるから外で待ってて!」

おれ「はいっ!」


・・・・・・・・・・・


先生「ごめんごめん!お待たせ、じゃあ行こうか!」

おれ「(やべえ今頃になって緊張してきた・・・・・・)」


先生「よいしょ!ここなら誰も来ないね」


そこは塾の近くの小さな公園だった・・・・・・


おれ「ほんとに、いいんですか?」

先生「いいよ」

おれ「(ぴょーん!)」


おれは先生に飛びかかった

まず、おっぱいだ・・・・・・

そっと、なでるように触ろうとした、すると・・・・・・


先生「えっ!ちょっとなにしてんの?」

おれ「ん?やるんじゃないんですか?」

先生「ち、ちがうわよ!

誕生日がそろそろだって言ってたから、

プレゼントあげようと思ったのよ!」


え?

うそ・・・・だろ?

悲しい気持ちもあるが、プレゼントってのもなかなかうれしい・・・・・・


先生「もう、これからがんばって勉強してください!」


渡されたのはゲルの有名なシャーペンだった、

どうやら、おれが使ってるのが鉛筆だけで気の毒だったらしい


おれ「あ、ありがとうございます・・・・・・」

先生「きおつけて帰るのよ、寒いからね」

おれ「はい・・・・・・」

先生「じゅあね♪」

おれ「さようなら・・・・・・」


行っちゃった・・・・・・

背クロスできないのは悲しかったけど、

誕生日プレゼントというのはかなりうれしかった

その翌日、ほかの友にこのことを話すと、


友「ああそれね、私ももらったよ、ほい!」

おれ「・・・・・・・・・・」


悲しい冬の思い出だった・・・・・・
スポンサーサイト

<< 脳内占い師 | ホーム | 水っておいしいね >>


コメント

No title

初めまして。コメントありがとうございました、カスガです。
風邪ですか・・・大変ですね。
って!ちょっとまってください!下ネタですか!!!!


No title

下ネタ大好きです!

なにせ小学校の時のあだ名は

セックス大魔神ですからねwww

なんか記事かくと、

下の方に行っちゃうんですよね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。