FC2ブログ

プロフィール

もんぶらん

Author:もんぶらん
引越しババア
「秋ね、私の心はもう冬だわ・・・」


コメントするかしないかはあなた次第
さああなたはどっち?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もんぶらんの都市伝説

ちょwww

コメントしてねって優しく書いたのに!

みごとに0!おめでとう!!!w

まあ、こういうこともあるよね

みんなブログはじめた時は

こういうこともあったって言ってた人もいたしね!


気を取り直していきましょう!

みなさんこんにちわ

昨日は雑文失礼っ!

昨日やってたやりすぎ都市伝説見ましたか?

ちょ、それのやる3時間前から急上昇ワードで都市伝説がなんと3位に!

おめでとう!テレビ東○!

とうとうアニメ主義から抜け出したんだね!?

これから、視聴率あがるよ!

あれはちょっと芸能人たちの考える都市伝説は

ああもやけくそになると思いませんでしたよw

なんか、ひmらマジでうける!

ずぶ濡れの家があると思ったら

そんなかにずぶ濡れの洗濯物干してる

ずぶ濡れのおばさんがいたとかw

ドンだけずぶ濡れ好きなんですか!

会場なんか笑いこらえてたしw

でも、ああいう番組は

やるならちゃんとやってほしいですよね

オカルトふぁんのおれから見れば

もっと怖いのが作れたんじゃないかって思いますね

今年の大晦日にやる毎年恒例の

ビートたけしのマル秘超常現象ファイルも

なんか去年は冗談まじりでしたもんね

あの会場の雰囲気だけは許せなかった!

ってことで私もんぶらんから

背筋も凍るような怖い話たちをいくつかさせていただきます

ほとんど都市伝説ですので注意

また、怖いのにがてって方も注意

では逝きます・・・・・





犬鳴村1

有名心霊スポットの犬鳴峠の近くには犬鳴村と呼ばれる隠れ里があるという。

その隠れ里へ行く道には看板があり、「ここでは日本国憲法は適用されません」と書かれてあるらしく、そこでは独自のコミュニティーが形成されており、外部の者が近づくと殺されてしまう。

またそこは単なる廃村で、たまたま迷い込んだ者が犬鳴村と呼び、広まったとも言われる。




犬鳴村はマジで存在します。

間違って村に入ると昔の村人の様な格好をした人達が、鎌を振り回しながら全力疾走で追い掛けて来ます。

彼等は本当に人を殺すつもりはないと思いますが、『犬鳴峠』の呪いを代々受け継いでいるので、見知らぬ人を見たら『食べたい』衝動にかられるとか…

ちなみに私達は村人に追い掛けられてすごい怖い思いをしました。もう行きません。





磯野家

噂にある磯野家、別名サザエさんの家ですか、鎌倉の由比ヶ浜付近にあります。
今はないようですが今から6年前、友達数人と肝試し感覚で中に入りました。

当時から一家惨殺という噂がありましたが、家のなかは壁一面、お札がビッシリと張りつけてありました。どの部屋も。

その気味悪さと、ゴキブリの多さでわずか1~2分で外に出てきました。噂のうちの1つである地下室や井戸の存在はつかめませんでしたが、異様な雰囲気でしたよ。



メリーさんの館

関西某所にの山中にあるという幻の廃墟。

偶然そこに辿りつけた者は奇怪な現象を体験することになるという。

その館は立派な洋館で、古びた鎖で錠がされた門が構えている。そこには何が居るのかというと、某芸能人の恐怖本でも紹介されていたが、大勢の外国人の子供の霊が出るという。

この館は意図的に行こうとしても見つけることができない。ただ呼ばれるように館に誘われるのだという。




さっちゃん

童謡さっちゃんでバナナを半分しか食べれらないのは、さっちゃんが交通事故にあって亡くなってしまうからだという。

そのエピソードは幻の4番で語られている。

「さっちゃんはね事故で足をなくしたよ~
だからお前の足をもらいに行くよ~ 今夜行くよ~」

というような歌詞で、一時期チェーンメールで流行った。このメールを受取ったものは5人以上の人に回すか、寝るとき枕元にバナナを絵を置いて置くかをしないとさっちゃんが足を取りに来るといわれていた。

実際はそのような事実はなく、作詞者の幼いときの思い出をヒントに作ったとのこと




キャベツ畑人形

この世に二つと同じデザインのものがないように作られ、出生証明書まで発行されて売られているこの人形にしばし悪魔・悪霊が宿ることがある。

人形から心臓の音が聞こえるようになったり、「パパ、ママ」としゃべるようになるものがあり、そういった人形にはエクソシストが悪魔祓いを行うことがある。

悪霊が憑いた人形を燃やそうと持ち主が火をつけたところ、狂ったように暴れだし、火が家に燃え移り家事になるという事件もあったという。



泣かない赤ちゃん

空港で麻薬犬がその匂いを嗅ぎ付け、検査官にサインを送っている。それも赤ちゃんを抱いた親子にである。
抱かれている赤ちゃんは泣きもせずただ眠っている。検査官が彼を調べると何も発見されない。しかし犬は麻薬の匂いを感じとっているらしく、赤ちゃんの方に鼻を向けしきりにクンクンやっている。

怪しんだ検査官はその赤ちゃんを調べると恐ろしいことが判明した。赤ちゃんは既に死体となっており、体の中には大量の麻薬が詰め込まれていた。

赤ちゃんは麻薬の運搬に使用されていたのである。



背後の気配

お風呂で髪を洗うときは視界がさえぎられ、自分の背後に誰かいるのでは?と気配を感じることがある。
そういう場合は背後に霊がいると云われる。

水場には霊が集まりやすいという話があるが風呂場もその例に漏れないようである。

また髪を洗っているときにふと洗う手を休めると、空中に浮かぶもう一つの手がシャカシャカと頭を洗っているとかいないとか・・・・・・・
風呂で頭を洗っている時に「達磨さんが転んだ」を言ってはならないらしい。

というより頭の中で考えるのもダメ。それは水子の霊にとりつかれるから。背後の気配はそれらしい。




かごめかごめ

この歌の意味に関し奇妙な噂が囁かれている。

口減らしの説

これは農村で行われていた口減らしの対象となる子供を決める歌だという。中心の子供が神さまからのお告げを受け取る役目を果たし、後ろの正面にきた子供がその対象となるという・・・・・




赤いマント

誰もいないトイレに入るとこう聞かれる。

「赤いマント着せましょうか?」

この問いにうまい答えで切り返さないと、何者かによって背中を切られ切り裂かれ、血まみれになりあたかも赤いマントを着たかのうように殺されてしまうという。
別のバージョーンに赤いチャンチャンコがある。赤いマントと同じように

「赤いチャンチャンコ、着せましょか?赤いチャンチャンコ着せましょか?・・・・・」と聞かれやはりうまく返さないとヤバイことになる。




人面犬

人間の顔、しかも中年男性の顔をした犬で、深夜もしくは早朝にゴミを漁っているのが目撃される。

また高速道路でものすごいスピードで走っているのが目撃されたり、この人面犬に噛まれると噛まれた人も人面犬になってしまうという。

また話かけると「ほっといてくれ」と哀愁漂う返事を返してくれる。




ババサレ

ある日夜中の2時に眼が覚める。そして部屋のドアをノックする者がいる。

「コンコン・・」

ここでうかつに「はい」と返事をすると、見知らぬおばあさんが部屋に入って来てどこか、もしくはあの世に連れて行かれてしまうという。

この話を聞いた人のところにはおばあさんが尋ねて来ることがあるので、もし夜の2時にノックがあったら「ババサレババサレババサレ」と3回唱えるとおばあさんは去ってくれる。



花子さんのモデル

小学校のトイレの三番目の個室トイレに3回ノックをし、「三番目の花子さん~」と言うと誰も居ないはずなのにその個室から、かすれたような女の子の声で「は~い~」と聞こえてくるという。

おかっぱで赤いスカートが定番の花子さんにはモデルとなった少女がいたという噂がある。

「花子」という名前の少女が小学校のトイレの三番目の個室で用を足していたといきに落石、誰かに殺される、または戦時中の話で爆撃にあった類・・・様々な要因で亡くなってしまい幽霊として出るようになったという話が語られている。

また学校が大好きだったという設定で語られることが多く、故に全国の小学校に出現しているのかもしれない・・・




ベットの下男

学生達が友人の部屋で飲み会を開いていた。

深夜0時を回ったころ飲み会はお開きとなり、皆解散していった。

しばらくして、女子学生の一人が友人の部屋に財布を忘れたことに気づく。確か、財布は机の上だ。

慌てて引き返し、既に寝たと思われる真っ暗な友人の部屋に勝手にあがり、電気も付けずに手探りで財布を見つけて帰って行った。

翌日、昨夜飲み会を開いた部屋の主が殺されたという知らせを聞く。警察から事情聴取を受けたのだが、これに見覚えはありませんか?と1枚の紙切れを見せられる。

そこには「電気をつけなくて良かったな」と書かれてあった。

忘れた財布を取りに行ったとき、既に友人は殺されていたらしく、闇に紛れて犯人はベットの下に隠れていたのだ。

もしそのときに電気をつけていたら・・・・・・




嫌がらせ電話

ある女性が嫌がらせ電話に悩んでいた。

その電話の内容はずっと黙ったままである。
ついに嫌になったらしく、彼女は警察に逆探知してもらうように頼んだ。

いつものように嫌がらせ電話がかかってきた。
「もしもし?」
彼女が電話に出る。
いつものように黙ったままである。

彼女は警察が逆探知してくれてるので少し強気になって
「誰なのよあなた!いい加減にして!」
と強く言ったら電話は切れてしまった。
その後警察から携帯に電話がきた。

「もしもし?電話をかけてるところ、わかりましたか?」

「えぇ!わかりました!」
なにやら警察は慌ててる様子…
「それはどこなんですか?」

彼女が聞くと恐ろしい答えが返ってきた…。
「電話の発信場所はあなたの家の二階からです!早く家から出なさい!!早く逃げなさい!!」
と言って二階からダダダダダ!と何かが階段から降りてくる音がした。




どうでしたか

都市伝説は?

ちょっと気持ち悪いのとか怖いのとか面白いのとか

怖い話とはちょっと変わったところがありますね

おれは都市伝説のそこんとこが面白いんだと思います

今度はいつか第2弾をやろうと思うのでそのときまでに

新しい都市伝説探しと来ますよw
スポンサーサイト

<< TDNの人気に嫉妬 | ホーム | さよなら絶望先生 >>


コメント

都市伝説のことならかなり自信があるギコエルの登場ですw
磯野・館・畑・ババサレ以外なら全部分かりました。。
因みに私のとこでは赤いちゃんちゃんこでしたねー
ってか早く紫の鏡のことを忘れたいw

Kitaaaaa

Kitaでッwww
都市伝説怖ッ(οдО;)!! 
ミユウのも来てなあwww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。